RSS
プレビュー 画像
推薦指数 : 4, Hit: 11 この記事を推薦します。
短編 - 森下愛理沙のブログブログへ(新しいウィンドウで) このブログの記事のみ表示
時  計第三話  2008年上期の芥川賞を受賞したのは、中国の民主化運動を背景にして青年たちの昂揚した情熱とその挫折を描いた、楊逸女史著「時が滲む朝」であった。読みながらわが青春の刻を思い出した。  人生に偶然はいくつもあり、栄と三十年ぶりに再会したのもその偶然の中の..


 
前へ  1  次へ