RSS
プレビュー 画像
推薦指数 : 1, Hit: 4 この記事を推薦します。
人の話 - ERISAブログへ(新しいウィンドウで) このブログの記事のみ表示
松田嘉子のエッセー No.4 少女ヤスミーン 1997年2月26日夜、川崎市国際交流センターにおいて、シリア人ムハンマド・カーレリーの作・演出による、一人劇「少女ヤスミーンの夜明けと黄昏」を見た。この日が来日公演の最終日であった。 無邪気でおちゃめな幼年時代に始まり、成長する過程で..


 
前へ  1  次へ