RSS
プレビュー 画像
推薦指数 : 5, Hit: 22 この記事を推薦します。
韓国の話 - 森下愛理沙のブログブログへ(新しいウィンドウで) このブログの記事のみ表示
 私の父は平壌の外港である鎮南浦(今の南浦直轄市)出身である。16歳の父は学徒義勇軍という名の下で戦場に連れ出された。高校2年の父を私はこの映画で観た。 主人公のオ・ジャンボム(多分、呉長範)は戦闘で死んでしまうが、父は連合軍(UN軍)の捕虜になり、16歳から三年間を..
プレビュー 画像
推薦指数 : 5, Hit: 10 この記事を推薦します。
韓国の話 - 森下愛理沙のブログブログへ(新しいウィンドウで) このブログの記事のみ表示
映画「砲火の中へ」が描いた「6・25」朝鮮戦争「お母さん、ぼくは人を殺しました」 1950年6月25日、早朝の日曜日、北朝鮮は38度線を越えて武力挑発、それから三年に渡る朝鮮戦争が勃発(ぼっぱつ)した。2010年6月25日、まさに60年の今日の出来事である。  朝鮮..

moris 悲しいクリスマス <その.. 推薦指数 : 3, Hit:5 この記事を推薦します。 2008-10-15 12:34 pm

moris 悲しいクリスマス <その.. 推薦指数 : 2, Hit:4 この記事を推薦します。 2008-06-12 04:54 pm


 
前へ  1  次へ